【レポート】全国フォーラム2018を開催しました

2018年3月18日(日)、東京工業大学附属科学技術高校で高校生天体観測ネットワーク(以下、Astro-HS)の全国フォーラムが開催されました。前日の3月17日(土)に千葉大学西千葉キャンパスで日本天文学会ジュニアセッションが開催されたことを受け、関東地区での開催となりました。

東京での開催とあって申込数も多く、生徒約120名、スタッフ約30名と多数の申し込みがありました。体調不良による欠席もあり、当日は生徒98名(うちタイ7名)、引率32名(タイ14名)が出席しました。

全体の様子

全体の様子

当日の行事内容は次の通りです。
10:00 受付開始
10:15 開会行事 注意・連絡事項など
10:30 参加グループ紹介および昼食交流会
12:30 2017年度,2018年度の活動紹介 “火星大接近について”
13:15 閉会行事

開会行事が終わり、生徒交流会に移ります。まずはお互いのことを知ろう!ということで全ての参加グループに自己紹介をしてもらいました。各団体1分の持ち時間で、普段どんな活動をしているのか、どんな特色があるのか、どんな研究をしているのかといった内容をスライドを用いて発表してもらいました。

学校紹介

学校紹介

全ての団体の自己紹介が終わったところで、11グループに分かれて昼食をとりながら交流します。天文に関わることのみならず、様々なことを生徒達は楽しそうに話していました。タイの高校生がいるグループも、一生懸命通訳して一緒に楽しく話そう、という姿勢が見られ、そしてタイの生徒も含めて楽しそうに話している様子を見てスタッフは一安心。

昼食の様子

昼食の様子

昼食をとりおわったら、最後はみんなで記念撮影!みんな素敵な笑顔です!

記念撮影

記念撮影

生徒交流会が終わり、次は観測テーマ研修会です。

ハートピア安八天文台の船越さまより火星についての様々な知識を教えていただき、そして2018年観測会の実行委員長である鈴木さんより、Astro-HSの高校生の取り組みについての講話がありました。今年は火星が地球に大接近するので、観測する際のヒントがたくさん得られたのではと思います。来年のジュニアセッションでは火星についての発表が聞けるかな?!楽しみです。

船越さんの講演の様子

船越さんの講演の様子

来年もジュニアセッションに合わせてASTRO-HS全国フォーラムを開催する予定なので、皆さんまた来年お会いしましょう!

(文責:大学生スタッフ)