Astro-HSは解散します

1998年のしし座流星群の全国ネットワークから,Astro-HSへと受け継がれたチャレンジは,本年度3月末をもって終了することになりました。

私たちのようなネットワーク活動は,まだ必要性があると聞くことがあります。しかし,最初からボランティア組織として始まり,自由な活動をしてきたのです。集うことも別れることも自由なネットワークです。何にも誰にもとらわれない組織だから,結成も解散も,はっきり宣言をしたいと思います。現在,ネットワークの解散に向けて,組織としての終了処理を少しずつ始めています。

私たちは,どこからか役割を託されたわけではなく,繋がること,交流することの素晴らしさだけを求めてきました。何よりも,その繋がりから科学的な成果をあげようとする熱気で支えられてきました。このネットワーク活動は,天文学や地球惑星科学に関連する多くの学会や研究会のみなさんに支援され,続けられてきました。
ここで,改めて感謝したいと思います。ありがとうございました。

このネットワーク活動を立ち上げたメンバーは,すでに還暦を過ぎた人たちが多数になりました。育った世代も40代になろうとしています。天文学,天文教育・普及に関わる,この20年の流れは急速に変化しています。Astro-HSが再び結成されるならば,それは,新たな視点や方法で,新世代に見合った形のネットワーク活動であるべきだと考えます。

来年3月の全国フォーラムは,私たちのネットワークのフィナーレです。懐かしいメンバーと思い出を語るのもいいでしょう。今を踏み台にして新たな夢を語るのもいいと思います。
「Astro-HS全国フォーラム つくば2020」に,ご参加ください。

2019年12月12日
高校生天体観測ネットワーク(Astro-HS) 運営委員会

関連のページ

全国フォーラム2020 開催のお知らせ
今年度のフォーラムについてご案内しています。ぜひご参加ください。

Astro-HSについて
Astro-HS結成当初の思いが綴られています。

Astro-HSの歩み
Astro-HSがこれまで取り組んできた観測テーマの一覧です。
その際に作られた観測ガイドも、こちらからご覧いただけます。